FX自動売買のスプレッドとスワップポイント

FX自動売買のスプレッドとスワップポイント

 

FX自動売買のサービスを提供している金融機関は多くありますが、選ぶ際には取引の期間に注目するのが良いです。

 

FX自動売買のシステムには様々なものがあって、ポジションを保有する期間もまちまちです。長期的にポジションを持つものもあれば、短期的なポジションを持つものもあります。

 

長期的にポジションを持つ場合にはスワップポイントの負担について把握しなければなりません。

 

スワップポイントとは金利差による損益を指します。FXでは借り入れた資金を元にして取引を行いますから、金利が発生します。プラスの場合もあればマイナスの場合もありますから注意が必要です。

 

スワップポイントは、ニューヨークが引けてから東京が寄ってくる前に発生するのが一般的です。この時間にポジションを持っているtスワップポイントを受け取るか、あるいは支払わなければなりません。

 

つまり、日をまたいでポジションを持つときにはスワップポイントに注意が必要です。スワップポイントは取引業者によって異なっていますから、長期的なポジションを持つシステムを利用する際には、スワップポイントの有利なものを選ぶ必要があります。

 

デイトレードなど、1日の内にポジションを決済してしまうFX自動売買なら、スワップポイントは全く気にする必要はありません。

 

短期間のポジションで稼ぐことのできる金額は小さいですから、取引を頻繁に行わなければならないという点に注意が必要です。

 

スプレッドは取引ごとにかかってきますから、取引回数が多いとスプレッドの負担も非常に大きくなるという点に注意しなければなりません。ですから、短期の取引を行うFX自動売買なら、スプレッドの有利な取引会社を選ぶべきでしょう。

 

このように、FX自動売買と言ってもいろいろなものがあって、そのシステムによって適した取引会社は異なります。自分の取引したいシステムがどのようなものなのかを把握した上で、それに適した取引会社を選びましょう。