FX自動売買を使うべきかどうか

FX自動売買を使うべきかどうか

 

FX自動売買はとても便利なツールですから、ぜひ利用したいという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、すでに取引を始めている人にとっては不要なケースもあります。というのも、現在では様々な注文方法がありますから、それらを利用することによってかなり便利になってきているからです。

 

現在、裁量トレードを行っている人にとっては、これらの注文を使ってみてから、それでは不便だと思ったときにFX自動売買を用いるべきでしょう。

 

完全に裁量トレードのみで行う場合、利食い目標に近付けばそこで利食わなければなりませんし、損切りラインに達すれば損切りをしなければなりません。そのタイミングが近付いてくれば画面から目が離せなくなるという点に注意しなければなりません。

 

これは当然のことと言えば当然のことです。しかし、利食いと損切りだけであれば、自動的に行うことができます。その一つとしてOCO注文があります。

 

OCO注文は、One Cancels the Otherの略で、そのまま日本語にすれば「一方がもう一方を取り消す」となります。

 

二つの注文を同時に出しておいて、片方が成立するともう一方はキャンセルされるというものです。

 

ですから、利食い目標での指値注文と、損切り目標でのストップロス注文を同時に入れておけば、どちらかが必ず成立し、そしてその時点ですべての注文がクリアされることになります。

 

これを用いれば、FX自動売買と同じように取引ができます。

 

他にも、トレール注文なども優れた注文方法の一つだと言えるでしょう。

 

トレール注文ではトレンドが続いている間はポジションを持ち続けて、トレンドが転換した場合に損切りができるケースがあります。うまくやれば、トレンドフォローを活用していくことができると言えるでしょう。

 

このような注文では飽き足らないと言ったときにFX自動売買を用いるのは良い方法です。まずはそれ以外の方法でFX自動売買に近い取引を検討してみましょう。